給湯器は縁の下の力持ち。

一般広告では、がっちり決めた小洒落たデザインだけが受け入れられる訳ではないのです。
何故なら対象となるお客様は、必ずしもデザイン知識を持っているとは限らないから。
要は、いかにそういう知識が無い人でも分かりやすい(動く)広告作りできるか。
特にそういうユニバーサルなデザインが必要なのは、家庭で使われる必需品類や公共性のあるもの。
先日関わったのは、給湯器
意識しないと忘れがちですけど、給湯器がないと困りますよー。
私は、この件を通して給湯器の必要性を再確認しましたよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です