最近、水道修理業者さんのホームページの仕事がいくつか続いたのもあり、
いろいろと他社さんのホームページをみて回っていました。
最初は同じ水道修理業者さんのページを見るのですが、
そこから水がらみのところであったり、住宅関連であったり、少しずつ範囲を広げていっております。
同じようなデザインに埋もれてしまわないように、でもイメージからかけ離れるのもよくないですし、
アイデア出しには結構時間をかけるほうですね。

イベントディスプレイ会社のHP作成に、先日関わりました。
いつも通り、業界の主流をざらっと眺め下調べをしてみたのですが、まぁどこも普通でした。
考えたのですが、ディスプレイの作成・配置が仕事のという事は、
HPでも基本を抑えつつ、その配置技術をHPの見せ方で、表現できないかと。
HP上をひとつのブースと考えてみるのですね。
HPに来た人は、ブースの来客という訳です。
さて、ここまで書いて結局どんなのが出来上がったといいますと、
先方の希望でスタンダードに収まりました。

サービス系のサイトは、読みやすさにこした事はないですが、
デザイン的にまとまっていて、しっかり何がどうか分かる構成が一番ですよね。
先日、水道のつまりを直してもらおうと水道修理会社を検索したのですが、
値段に差があってもいまいちデザインから胡散臭い感じがしてしまって、
やめてしまったという会社がありました。
しっかりわかって小綺麗に、は一つの絶対条件ですね。
ちなみに選んだ会社はそんな感じの会社でした。
修理ありがとうございましたー。

最近、心の医療に関するサイトのデザインを研究しています。
レポートにまとめようと思い、日々参考サイトをまとめているのですが、
たまたま発見した友人の中で評判の井之頭病院の看護部のサイトが素敵でした。
特にナースの1日という先輩ナースの声がよかったです。
医療系のホームページのデザインは、見やすく、わかりやすく、
安心できるデザインがいいですね。
それに、医師やナースの人柄が表現できればいいのではないでしょうか。